×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メラトニンの効果は?

メラトニンは、アメリカでは1995年ぐらいから、がんを防ぎ抗がん剤の副作用の緩和やエイズや不眠症に効果を発揮するなど、免疫力を強化する働きがあることが認められてきました。
そして睡眠について効果の高いサプリメントとして販売されており、日本のように規制がなく自由に購入できます。
通販サイトでも通販できます。ただ日本では、まだまだ、メラトニンに関しては、医薬品として考えられているので薬事法により製造、販売、個人輸入には規制があります。
そもそもメラトニンとは、脳の松果腺から分泌されるホルモンのことを言います。
メラトニンは、人間だけでなく、動物や植物からも発見されていて、また、化学物質として作ることもできます。
まだまだ、現在もなお、このホルモンの持つ効果や可能性、副作用に関してまだまだ、モルモットを使用しての動物実験で研究は重ねられています。
このメラトニンというホルモンは、人間の体内でではいったいどのような働きをするのかというと、人間の睡眠とかなり大きな関係性があることです。
それから、抗酸化物質として働きがあるので、体内の酸化を防ぐということです。すなわち、年齢とともに減少するこのメラトニンを増やすことによって、満足のいく睡眠を手にすることが出来、はつらつとした若さを保てるということになります。
年齢を重ねるとともに睡眠が浅くなってきたり、仕事やストレス、旅行時の時差などで睡眠バランスがくずれるようなとき、メラトニンのサプリなどを服用するとその効果を実感できます。

メラトニンの販売について

メラトニンの現在市場に出回っている大半は、化学合成によって作られていますので、安全性も高くなっているようです。
天然性、動物性は動物の細胞から採取するので、ウィルスや抗体反応を起すたんぱく質を含む恐れがありますので、このような動物性ではなく、人体で分泌されるメラトニンの分子構造が同じの、人工的に化学合成で作られたメラトニン・サプリメントの方が安心して服用することができます。
アメリカでは医薬品扱いではなく、健康補助食品としてサプリが発売されています。簡単に誰でも購入できます。
牛のメラトニンも販売はされてますが、狂牛病に関しては厳しい規制が入りますので、もちろん、狂牛病の可能性のある牛の松果体は使用しないよう注意を促しています。が、あえて牛のメラトニンを取らなくとも化学合成のメラトニンで十分効果は発揮すると思います。
メラトニンという物質の安全性は、毒性の少ない物質で、メトラニンへの苦情も現在のところわずか4件しか、FDA(米国食品医薬品局)に報告されていないということです。
多量による副作用は、反応の鈍さと眠気ですが、それ以上の警告を促すべき副作用はまったく報告されていないということです。
日本でのメラトニンに対する対応は、医薬品扱いとなっており、薬事法により、製造、販売、輸入は禁止されています。
しかしながら、個人の利用目的の輸入は規制条件等はあるものの大丈夫なようです。
通販などでも購入しやすくはなりましたが、混ぜ物をする販売しているところもあるようなので、慎重にチェックして購入先を選んでください。

サプリメントの副作用は?

メラトニンは、現在もなお研究が重ねられ、まだまださらなるその効能の神秘を期待されているところですが、現在主に、抗がん効果や抗酸化効果、そして睡眠不足に効果が発揮されると言われています。
睡眠不足に効果があるといっても、睡眠薬のような危険性も、睡眠薬を飲んだ翌朝の二日酔いのような状態などといった副作用はありません。
アメリカでは、メラトニンは、栄養補助食品として、サプリメントとして販売されており、自由にだれもが購入できます。
通販でも可能です。メラトニンによる副作用というものも、現在のところ報告されていない(FDA(米国食品医薬品局)による)ということです。
ですから、睡眠不足やまた、ビジネスなどで海外へ忙しく飛び回っている方、現地に着いてもすぐにスケジュールがつまっているなどのとき、時差ぼけ対策にメラトニンを服用されるケースも多いようです。
上手くメラトニンサプリを利用すれば、睡眠サイクルを元に戻してくれるのでとても便利でしょう。しかし、医薬品扱いでは(アメリカでは)ありませんので、あくまでも自己責任においての服用というこは注意してください。
メラトニンサプリの取り方を注意しないと、体内時計が逆転しますので、摂取するときは、少量ずつ、夜間に睡眠を取る場合は就寝30分程前に服用がよいでしょう。
サプリメントの普及で本当にいろいろな栄養・食品が摂取できるようになりました。現代の出張の多い日本人には、時差ボケの予防にも役立つホルモン・メラトニンのサプリメントが今後さらに普及しそうです。

Copyright © 2008 メラトニン・サプリの効果 特集